ロシアのヨーロッパ侵略をとめてください。ウクライナの抵抗を支援する方法についてはこちらをご覧くださいこちら

キーワードグループ化

素早く正確にキーワードをグルーピングする高度な機能

なぜ必要なのか

  1. あなたのウェブサイト上にきめ細かく分布させる為にキーワードを分類
  2. ウェブサイト戦略の為のSEO構造を設計
  3. より高い品質スコアを取得や、広告キャンペーンの費用節減を目的にPPCキャンペーン向けに活用

メリットは何か

時間短縮!

多くの価値があります。例えば、数千のキーワードを手動でグループ化するなら、数日では無いにしても数時間は必要となるでしょう。本機能ならその作業が数分以内で完了します。

誤りを除外

キーワードの分類作業を手動で行った場合、誤りが多く発生する可能性があります。同義語、類義語、およびテーマ別の単語の組み合わせが混乱を招き、誤ったグループ化に繋がらないように考慮する必要があります。私達のツールは素早く、ほぼ誤り無く処理します。

検索結果でハイライトされているキーワードを取得

キーワードグループ化機能を使用すれば、同義語、類義語などの新しいキーワードのバリエーションを見つけてあなたのキーワード戦略を拡大させていく事ができます。そして、同義語や類義語として定義されたキーワード(Googleの検索結果に太字で表示される)を該当するページのタイトルやディスクリプションに追加する事ができます。SEOに応用して、サイトの順位改善に役立てましょう。

同時に検索ボリュームもチェック

オプション機能を使えば、グループ化されたキーワードの検索ボリュームもシステムがチェックしてくれます。検索ボリュームを把握する事で、キーワードの優先順位付けを簡単に行う事ができます。別のツールを使って追加でチェックを行う必要はありません。

様々なプロジェクトと予算に対応できる柔軟な価格設定

国・地域・言語の選択

国・地域・言語の選択

キーワードのグループ化処理の差異に、地域や言語の差を考慮します。

あなたのニーズにぴったりの分類設定を選択

あなたのニーズにぴったりの分類設定を選択

最低限検索結果で一致するURLの数や分類方式を指定します。精度を上げていくと、一つのグループに割り振られるクエリの数は少なくなります。

利用可能な結果とデータ

グループ化されたキーワード

検索ボリュームが最も高いキーワードがそのグループのグループ名となります(検索ボリュームにチェックを付けた場合や、検索ボリューム付きのデータをインポートした場合)。検索ボリュームをチェックしない場合は、分類処理で定義された最初のキーワードがグループ名として使用されます。

検索ボリューム

キーワードグループ化機能を使用する際には、以下の3つのオプションから選択できます:

  • 私達のシステムに検索ボリュームをチェックさせる(1クエリあたり$0.005 の費用が発生します);
  • 手動でシステムに読み込ませます;
  • 検索ボリュームのチェックを行わせない事もできます。

ハイライトされたキーワード

各キーワード別にGoogleによってハイライトされているキーワードをリスト化します。キーワード戦略の拡大の為、または検索結果に関する詳細な調査の為にご活用ください。

料金

$0.004

1クエリあたりの費用

$0.005

1クエリあたりの検索ボリュームチェック費用