野澤 洋介
8月 17, 2021 | 16 分 要

あぁ…過ぎし夏の日々。気温の上昇、素晴らしいお盆休みと生産性の低下。あれ?最後の部分はSE Rankingには当てはまりません。なぜなら実際7月はたくさんの事が達成されたからです!

サイトSEO検査に追加した要素、タグやノートに対する改善など、開発チームが先月に公開した複数の新機能を皆様と共有する事ができ嬉しいです。

その他、フランス、イタリア、ドイツのキーワードデータベースも拡大しています。私達のGoogleデータベースは今回新たにナイジェリア、ジャマイカ、ガーナ、トリニダード・トバゴといった国々をカバーしています。 

まだSE Rankingの新機能を使用していない場合は、本概要をご覧頂く事で最新の変更点を確認して、その活用方法を把握する事ができます。新機能をお試し頂き、プラットフォームに対する追加リクエストをコメント欄にお寄せください。

競合調査とキーワード調査内にSERP要素

SE Rankingはプロジェクトに追加されている分析キーワードに関するSERP要素を監視します。活用方法をおさらいしましょう。検索順位セクションで全ての指定キーワードで表示されているSERP要素をテーブルのSERP要素列で把握する事ができます。ハイライト表示やグレー表示により、あなたのページがSERP要素に含まれているか否かを知る事ができます。

今後はプロジェクトに追加する必要なく、興味のあるあらゆるキーワードに関するSERP要素表示を確認できるようになります。早速操作方法をご覧ください。

現在ではキーワード調査ツールでキーワードを調査する際はいつでも、概要セクションとオーガニック検索セクションでSERP要素を確認する事ができます。

SERP要素:

更に、キーワードサジェスト内の全ての類似、関連キーワードでSERP要素が表示されるようになりました。

競合調査ツールでもSERP要素を確認できるようになりました。概要セクションでは、指定した競合ドメインで掲載されているキーワードに関するSERP要素をご覧いただけます。

例えば、以下のスクリーンショットでは、対象ドメインで順位掲載されている33.7Kキーワードに関してFeatured Snippets(強調スニペット)が表示されている事がわかります。このFeatured Snippets(強調スニペット)のタイルをクリックすると、オーガニックトラフィック調査セクションに移動して、各検索結果で強調スニペットを持つキーワードのリストを確認する事ができます。

SERP要素

現在の所、私達のデータベースでは33種類のGoogleのSERP機能をカバーしています。その上、現在の月だけでなく、2021年1月まで遡った過去の月の履歴データに関するSERP要素のデータもチェックする事ができます。

Googleデータベースの更新と拡大

私達はGoogleに関する順位データベースを拡大し続けています。先月はフランス、イタリア、ドイツ市場で新たにキーワードを追加しています。フランスのデータベースは10倍に増えています。

  • フランスのデータベースは 357 774 665 件のキーワードと、42 763 106 件のドメインを含みます。
  • イタリアのデータベースは205 125 630 件のキーワードと、37 453 950 件のドメインを含みます。 
  • ドイツのデータベースは228 419 029 件のキーワードと、23 372 434 件のドメインを含みます。

更に、キーワード調査と競合調査のデータベースは新しい市場へ拡大しています。現在では以下のSEOデータを分析できます:

  • ナイジェリア: 16 792 426 件のキーワードと717 996 件のドメイン
  • ガーナ: 8 325 690 件のキーワードと298 867 件のドメイン
  • トリニダード・トバゴ: 2 634 260 件のキーワードと166 539 件のドメイン
  • ジャマイカ: 2 408 058 件のキーワードと231 025 件のドメイン

これらの市場を対象にしたプロジェクトをお持ちの場合は、待望のデータベース拡張となるかもしれません。今後はキーワードや競合を詳しく調査できるようになります。



検索順位のタグやノートに関する新機能

私達は検索順位セクションのタグ列を改良しました。今後はキーワードに割り当てたタグ数順でキーワードをソートできるようになります。標準では、降順で並び替えられ、リストの最後の方にタグ指定されていない全てのキーワードが配置されます。

タグ

検索順位セクションに関するもう一つのアップデートは、新しいノート列の追加です。テーブル上のすべての検索キーワードに関するコメントを見る事ができるようになりました。列に複数のノートが追加されている場合には、最初のノートとその隣に数値が示されます。数値はそのキーワードのノートの数を示します。全てのノートを見たい場合は、数値部分をクリックすると、全てのリストがポップアップ表示されます。

ノート

停止中プロジェクトの有効化とカレンダー設定

余分なクリック操作を減らすために、複数の停止中プロジェクトを一度に有効化できるようにしました。停止中プロジェクトタブで再開させたい複数のプロジェクトやグループを選択して、プロジェクト有効化ボタンを一度クリックするだけの操作です。選択された全てのプロジェクトが有効なプロジェクトタブへ移動します。

もう一つの改良点はアカウント設定全体に関わるもので、カレンダーの日付表示方法を変更する事ができます。今後はカレンダーの初日を日曜日・月曜日から選択できます。

サイトSEO検査の新項目とレポートビルダーの設定

より多くの項目であなたのウェブサイトをチェックできるようにする為、毎月サイトSEO検査の機能強化に取り組んでいます。今回は、AMPカテゴリに関するチェックを更新しました。今後は不正なAccelerated Mobile Pages(AMP)表示に関する問題点を表示します。新たに検知できるようになった4つの問題点は以下の通りです: 

  • AMP HTMLタグと属性のエラー
  • スタイルとレイアウトのエラー
  • テンプレートのエラー
  • 非推奨のエラー

最後にご案内する7月のアップデートは、分析&トラフィックセクションのGoogle Search Consoleからのデータに関する新しいフィルタの追加です。このフィルタにより、ニュースで絞り込んだデータを見る事ができます。

私達は既に8月に公開予定の新しいアップデートに取り組んでいます。次回の改善点は、私達のサポートチームへのフィードバックや記事に記載頂いたコメントから発想を得たものとなります。ご指摘頂きまして有難うございます!皆様からの提案は、プラットフォーム改善や新しいクールな機能開発のモチベーションとなります。

Post Views: 129
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

更に多くの記事
SE RANKiNG ニュース
履歴データ: 競合&キーワード調査ツールで待望のアップデート
11月 16, 2021 26 分 要

競合調査 と キーワード調査 ツールに対する一つのアップデートによって、SE Rankingのデータ活用に関して様々な新しい機会が開かれます。履歴データを参照できるようになりました。 今後はドメインやキーワードに関する価値ある履歴データを数クリックで把握が可能となり、2020年2月まで遡って前の月のデータを分析できるようになります。

野澤 洋介
SE RANKiNG ニュース
SE Ranking 更新情報: 2021年4月 - 6月
7月 12, 2021 23 分 要

6月が終わり、2021年の中間地点を過ぎ、バケーション計画を立て始めるべき時期となりました。しかし皆様が夏の休暇を取る前に、過去数ヵ月間の私達の取り組みをお伝えしたいと思います。お伝えしたい項目は多岐にわたります。なぜなら実質的にすべてのSE rankingのツールでアップデートが行われたからで、ほとんどの機能は皆様のフィードバックやコメント、提案のおかげで実装する事ができました。要望した更新情報が含まれているかご確認ください :)

野澤 洋介
SE RANKiNG ニュース
デジタルエージェンシー vs パンデミック
SE Ranking カスタマーストーリー 
7月 06, 2021 36 分 要

過去14ヵ月を振り返ると、不確実性と苦闘、希望で満ちた混沌とした時代を経験したという事は幸せとも言えるかもしれません。しかし、私達はこれを当然の事とは考てはおらず、B2Bビジネスとしてお客様の諦めない努力のおかげで生き残ったと理解しています。

Elena Demianenko