0 comment
32 分 要
6月 02, 2022

ウェブページの検索上位表示を実現する場合、高品質のコンテンツと適切に設計されたページを作成してもうまくいかない場合があります。上位掲載を達成するために必要なことは、あなたのページが競争相手のページよりも優れていることを確認することから始まります。

SE Rankingでは、このようなタスクを支援するオンページSEOチェッカーを刷新し、最新のバージョンへのアップデートをお知らせすることができ、とても興奮しています!

このツールの機能を使用して、あなたのページが検索エンジンによってどのように認識されているかを把握し、人間の訪問者を考慮し、そして競合を上回り、結果としてより多くのトラフィックを獲得するために、競合とあなたのページを比較することができます。

この記事では、オンページSEOチェッカーの詳しい内容とそのユニークな特徴について解説したいと思います。

使用前のネタバレ注意: 私たちは皆様がより優れた成果を得られるよう支援する為に、ツール上で実践的で、データに裏付けられた分析結果を提供できるよう努力してきました。

オンページSEOチェッカーツールが提供するものとは?

SE RankingのオンページSEOチェッカーツールは全ての分析対象ウェブページを検索順位に影響する94項目でチェックします。これらの項目には、メタタイトルやディスクリプションからコンテンツの長さ、キーワード密度、ページのユーザビリティ、そしてページの被リンクプロファイルまで含まれます。

分析されたページで各項目が推奨値の範囲内にない場合、ツールはその項目に関してエラー、注意、または通知のいずれかに分類します。ページ全体の上位表示に対する各項目の影響力によって大きく分類されます。

たとえば、メタデータで多少問題があっても、ページ上の他の全ての項目が完璧であれば、ページは快適に動作するはずです。ただし、その逆の場合は、おそらく修正作業に取り掛かる必要があるでしょう。幸いなことに、このツールは、各タイプの問題の対応方法に関する推奨事項と、タスクのTo Doリストを提供してくれるため、何をすべきかわからなくても迷うことはありません。

オンページSEOチェッカーの最も優れている点は、あなたのページとSERP上の直接的な競合を分析して、ページの正確な改善箇所を示してくれる点です。

つまり、このツールは、典型的なSEOのベストプラクティスを提供するだけでなく、実際に詳細な分析データを取得し、検索上のライバルに打ち勝つ為の支援をします。
オンページSEOチェッカーはどのようなタスクを支援するか?
オンページSEOチェッカーツールはプロがあらゆるタイプのウェブページ(トップページやランディングページ、ECサイトの商品ページ、またはブログ記事)の順位改善をより確実に行う際に役立ちます。この点はおすすめできるポイントです。

94のチェック項目全てとAI搭載ツールという点を考慮すると、複数の重要なタスクを実施する際にオンページSEOチェッカーはとても役に立ちます。

例えば次のようなことが行えます。 

あなたのページに対して検索エンジンと人間の訪問者の両方に対する最適化度合いをすばやく評価し、上位表示を阻害している可能性のある要因を見つけます。ページのコンテンツ品質や、技術的な問題、ページの被リンクプロファイルの状況などが考慮されます。
あなたのビジネスに関するSERPの上位表示者との差異を注意深く分析し、優れた結果を得るために最適化すべき正確な項目を把握できます。各項目は競合と比較して分析されるため、どの箇所をどの程度最適化すべきかについて的外れな推測を避けることができます。
AI搭載のオンページSEOチェッカーは、キーワードやコンテンツの分析などのとても重要なタスクから、コンテンツのオリジナリティなどのシンプルなチェックまで、通常は手動で実行する幅広いタスクをカバーします。そして、このツールは、競合を徹底的に分析するという意味で革新的と言えます。
オンページSEOチェッカーでユニークな点は何ですか?
ここまでは、このツールでできる事や、それがページ最適化の取り組みにどのように役立つかをご覧いただきました。ここからは、他の類似のソリューションとは一線を画すツールの特徴的な機能についていくつかご覧いただきたいと思います。
競合のパフォーマンスに基く提案を取得する
オンページSEOチェッカーは、一般的なSEO標準に基づいた推奨事項を取得できるだけではありません。上位の競合の実際の指標に基づいて、修正提案を取得することができます。

キーワード密度やタイトルの長さなどの項目は業界やビジネス分野によって異なるため、ここでは一般的で平均的な施策は適用できません。ただし、SE Rankingの強力なAIベースのテクノロジーのおかげでオンページSEOチェッカーツールは、競合のウェブページのあらゆる要素を徹底的に分析し、各項目を最適化する方法をお知らせしてくれます。

たとえば、ほとんどのツールは、タイトルタグの長さが半角で70文字(全角で30文字程度)未満である必要があることを指摘しますが、この推奨事項は少し時代遅れです。
実際のところ、モバイル検索がより重要な位置を占めている現在では、60文字以下のタイトルタグを作成することをお勧めすることになります。

ページSEO検査

ただし、これらの推奨事項に素直に従うだけではなく、ライバルの状況も確認する必要があります。特定のビジネス分野で得られるトラフィックのほとんどがデスクトップからのものである場合、競合はより長いタイトルを選択しているかもしれません。そうであれば、あなたも同様の長いタイトルを選択した方が良いでしょう。

多くのチェック項目はビジネス分野によって傾向が異なるため、ページがそのビジネスにマッチしていることを確認する必要があります。ECサイトの製品ページで有効なものが必ずしもブログで有効であるとは限りません。逆にギャンブルで有効なものは、ヘルスケアサイトや観光の分野では有害となるものもあるかもしれません。

繰り返しになりますが、ページの改善方法を判断するために、追加の調査を行う必要がないという事実を強調したいと思います。オンページSEOチェッカーはあなたのためにすべての面倒な作業を行い、リアルタイムの実際のデータに基づいて、各特定のビジネス分野やケースで最も効果的な施策についての推奨事項を提供します。

正確なページ品質スコアを取得する

ページの最適化度合いを素早く把握できるように、オンページSEOチェッカーツールは、個々の分析対象ページに対して独自の品質スコアを割り当てます。このスコアは約70の項目に基づいて算出され、項目ごとに評価の重要度は異なり、キーワード、マーケティング項目、そして検索結果上位の選択された範囲の平均値を参考にした技術指標に基づいてページの品質を評価します。

ページ品質スコア

具体的には、検索順位に強い影響を与える指標は、ページの全体的な品質スコアに大きな影響を与えますが、それほど決定的でない指標の配点の重みはより低くなります。さらに、オフページSEOに関連する指標もページレポートに含まれますが、スコアには影響しません。

結果的に、品質スコアを見ることで、詳細にページを調べる前に主要なキーワードと二番目に重要なキーワードに関するそのページの最適化度合いを把握することができます。

あなたのページと比較する競合サイト数を決める

オンページSEOチェッカーを使用すれば、分析が必要な競合サイトの数を自由に選択してページを評価することができます。そして、競合ページとあなたのページを比較して差異を明確化する際に、より広い範囲を対象に調査することができます。

特定のウェブページに対してツールを設定する場合は、分析結果を取得するSERP上の競合数を決定します。上位3サイトから最大上位50サイトまで指定できます。目標とビジネス分野に応じて、必要なだけ自由に詳しく調べることができます。

この機能とその柔軟性は、オンページSEOチェッカーツールのユニークなポイントです。あなたのページの可能性が最大限引き出されるまで待ちきれません。

メインとセカンダリコンテンツの両方の分析結果を取得する

オンページSEOチェッカーツールで特長的なもう1つの機能は、メインコンテンツとセカンダリコンテンツを別々にチェックしてくれることです。そしてその結果、正確な推奨事項が提供されます。

競合比較

なぜこれが重要なのでしょうか?実はGoogleはすべてのページコンテンツを平等に扱うわけではありません。経験則から言えば、メインコンテンツの方が重要ですが、セカンダリコンテンツはそれほど重要ではありません。

この点を考慮しないツールは、誤解を招くような推奨事項をユーザーに提供することになり、その結果、キーワードが詰め込まれたページやその他の問題が発生してしまいます。一方、私たちのツールは、さまざまなタイプのページコンテンツに対して、個々に分析した推奨事項を提供するため、最終的にはページが正しく最適化される可能性が高まります。

ツールはどのような項目を分析してくれますか?

SE RankingのオンページSEOチェッカーは、あなたのページの訪問者にとって最も重要となる点を第一に重要視します。それはコンテンツです。 

テキストコンテンツ

ここでは、コンテンツの長さやユニーク性、文章構造が明示する見出しタグの使用方法、タイトルタグやメタディスクリプションタグの使用方法とそれぞれの長さやキーワードの使用などのような重要なコンテンツ項目の概要が表示されます。 

このツールが提供する最も価値のある分析結果の一つに、キーワード密度という項目があります。この指標を見ることで、競合が使用している正確なキーワードと、それらがページに表示されている回数が確認できます。

もちろんこのデータを活用して、そのページでキーワードを過剰に使用していないことは確認できますが、この状態でも検索エンジンはメイントピックを理解することはできます。それよりもさらに、あなたのページでターゲットにしていないキーワードを見つけて、ページ上でカバーされているトピックに関連する全ての検索クエリ(検索エンジンが認識するクエリ)を確認することができます。

オンページSEOチェッカーは、コアウェブバイタルやHTTPSプロトコルの使用など、ページの検索順位に影響を与える主要な技術指標についてもレポートしてくれます。

被リンク

最後に、このツールを使用すると、ページのオフページSEOも把握できます。被リンク数はページ上の全体的なスコアには影響しませんが、ページの上位表示達成の阻害要因を説明する際に役立ちます。

ツール活用の開始方法について

ページの総合的なオンページSEOレポートを取得するには、必要な全ての項目を入力して検査を開始するだけの操作です。

新規ページ検査

指定が必要な箇所は次の通りです。

  1. 分析対象のページのURLを入力します。
  2. ページがターゲットとしている特定の地域や国を選択します。
  3. 分析対象の競合数を選択します。
  4. ページのコンテンツを表すプライマリキーワードを一つ入力します。
  5. ページのトピックに関連する補足キーワードとして、プライマリキーワードを補助する30個までのセカンダリーキーワードを入力します。
  6. ページレポート名を入力し、該当するグループを作成するのを忘れないようにします。
  7. 検査を実行します。 

すると、ツールは選択した地域で主要キーワードの上位検索結果の選択範囲を自動的に分析し、競合を分析した後、ページスコアが表示されます。

最初に何を優先するべきか? 

あなたの施策の計画を支援するために、オンページSEOチェッカーは重要性のレベルによって分類されたレポートから、すべての問題と提案を含むTo Doリストを抽出します。

ウェブページの作業者があなただけの場合は、遅滞なく修正を開始できます。最初に優先度の高い問題に注力してから、徐々に重要度の低い問題点に取り組みましょう。

チームで作業していて、ウェブ担当者によって実際の最適化作業が行われる場合は、リストをPDFファイルでエクスポートして送信するだけです。 SE Rankingでは、過去数年にわたって柔軟にカスタマイズできるツールの開発に取り組んできました。問題の優先順位を自由に変更して、最初に最適化すべき項目を明確にすることができます。

意図があって特定の方法で構築されたページの一部に問題がある場合は、「タスクを無視」ボタンをクリックすると、その問題はレポートから削除され、全体のスコアには影響しなくなります。

そしてもちろん、確実に対処する必要があるタスクがある場合は、独自のカスタムタスクをリストに追加することもできます。これは、いつでも編集・削除できます。

最終的には、ページの外観とコンテンツ構造を決定するのはあなた次第となりますが、オンページSEOチェッカーは間違いなく作業に役立つ多くのデータを提供してくれます。

あなたのご意見が最も重要です

この機会に、皆様からのフィードバックをお寄せいただけると嬉しいです。オンページSEOチェッカーツールで不足している項目や機能がございましたら、お気軽に私たちにお問い合わせいただくか、この記事の下のコメントをご利用ください。

その一方でオンページSEOチェッカーなどのツールを継続的に改良し、収益に影響を与えるすべての重要な項目をチェックできるように確認します。そして、皆様が私たちのAI搭載ツールを使ってウェブページの最適化をお試しいただけることを願っています。

私達のブログを定期購読してください

ニュースレターとダイジェストに登録して、SEOに関するニュース、専門家の記事、ヒントをメールで受信しましょう

ありがとうございます!
正常に私達のブログを定期購読しました!
定期購読を確認する為にあなたのEメールアドレスをチェックしてください。
投稿
コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です