野澤 洋介
1月 28, 2021 | 27 分 要

毎年12月に皆様からの願いを共有させて頂いた上で、1月に皆様から提案頂いたリストを一つずつ検討して、ロードマップに加えるかどうかを決めています。

刻々と変化する状況に適応する為に私達のプランも合わせて修正するでしょうから、今年は新年の抱負は重要ではないと思われるかもしれません。ですが、私達SE Rankingは私達のこれまでの伝統を変えないと決めました。そして、2021年に私達が行う事についてお伝えする準備は整っています。

皆様からお寄せいただいた数百もの願いに感謝しています。一つずつ拝見し、最も人気の提案を選んだ結果、明確な今年1年のプランが出来上がりました。

新しいローカルマーケティング機能

2020年に話を戻しますが、私達はローカル検索であなたのウェブサイトを効果的にプロモーションできるツールの開発を始めました。この機能により、人気のディレクトリにあなたのウェブサイトを追加でき、Googleマイビジネスのプロフィールとその他多くのカタログサイトでNAP情報(名前、住所、電話番号)の正確性を管理出来るようになります。このツールはあなたの評価やレビューも追跡できるようになります。

この機能はGoogleマイビジネスアカウントと連携して、監視の為の複数の位置を追加する事ができるようになります。 

最後に、この機能を活用する事で、あなたのローカルSEOに対する労力の妥当性を把握する為に、Googleマップ順位を追跡できるようになります。

待望のSEOコンテンツ機能 

多くの皆様から私達のプラットフォームでSEOテキスト分析が行えるコンテンツ機能を追加して欲しいとのご意見を頂きました。私達もそのようなツールが必要である事は完全に同意していますので、SE Rankingは2021年の末までに、検索エンジンが好む高品質なコンテンツ作成の支援をスタートさせる予定です。ツールはテキストが固有で、読みやすいかどうかをチェックしつつ、キーワード追加に関するアドバイスを提供できるようにするつもりです。 

私達のSEO編集ツールは私達のプラットフォーム内やGoogleドキュメントで直接ご利用頂けるようになります。そして、各種プラグインを作成する計画があります。WordPressプラグインも同様に開発するかもしれません。

更に早く、より総合的なサイトSEO検査

新しいツールの開発に加え、今年は既存の機能の改善にも継続的に着手する予定です。サイトSEO検査はその中でリストの最初に位置します。まもなく、更新されたツールのテストを行います。新しい検査は、更に早く、よりユーザーフレンドリーになります。ツールはSSL証明書更新日や、CSSやJavaScriptエラー、サイトスピードに影響する項目、canonicalやhreflangの問題を含む50以上の新しい項目でウェブサイトをスキャンします。

皆様が必要なツールにそれぞれをカスタマイズできるよう、私達はプラットフォームを作り変えていきます。その為、新しいサイトSEO検査では、検査対象の問題点と、検査から除外する問題点を選択できるようになるでしょう。

スキャンが完了すると、新しいダッシュボード上でサマリーレポートをご覧頂けます。グラフやテーブルで優先順位付けの必要がある検知された問題点を把握できるようになります。 

ページSEO検査の個別化

これとは別に大きく変更を予定しているツールとして、ページSEO検査があります。現在このツールは設定された項目でサイト内のページを分析します。例えば、見出しでキーワードが使用されているかどうかや、タイトルの長さが半角で70文字を超えていないかをチェックします。新しいツールはユニバーサル検索のルールではなく、あなたのビジネス分野の検索結果にもとづいてアドバイスを提供します。

各ページに対して複数のターゲットキーワードを設定できるように、各ターゲットキーワードでGoogleの上位10位の検索結果を分析します。ツールは競合ページ内でいくつかのパターンを探します。例えば、Googleの1ページ目に掲載されている全てのウェブサイトでH1に同じキーワードを使用している、4件の競合でタイトルタグに絵文字を追加している、5件の競合が太字テキストを使用しているなどを見つけます。ツールはあなたのページで類似の調整を行うようにアドバイスするでしょう。

キーワードや競合分析に関する履歴データ + 新しいグラフとフィルタ

SE Rankingはキーワード分析や競合分析ツールで表示される全ての指標を定期的に更新しています。いつでも機能の上部右側から最終更新日を確認する事ができます。

とはいえ、稀に手軽に最新の指標があるだけでは、正しい決定を行う為の情報として不十分な場合もあります。全ての指標の変動を分析する為に、履歴データを必要とする場合もあります。2021年にはこのようなケースに対応できる事になるでしょう。私達のツールで過去数か月の各指標の変化度合を表示できるようになります。

更に、一度に10件のライバルサイトとあなたのウェブサイトを比較できるように計画しています。現在は比較の為に2件のウェブサイトのみ追加できます。

キーワード分析ツールに関しては、検索クエリを単語数(1単語、2単語、等)で絞り込む事ができるようになります。 

最後に一点念の為ですが、もしあなたの日々の業務を効率的に解決する為、他にキーワードデータベースが必要でしたらお気軽にお知らせください。最もリクエストの多いデータベースの優先順位付けの手助けとなるでしょう。

一括被リンク分析とAPI取得

2020年の話に戻りますが、私達はあなたの時間とアカウント上限を節約する為に、一括キーワード分析をプラットフォームに追加しました。この機能は皆様に好評のようでしたので、今年は被リンク分析機能に同じ機能を追加するつもりです。 

APIをご利用の皆様には、ご希望のインターフェイスに必要な全ての被リンクデータを素早くお届けできるようになる予定です。

更にカスタマイズ可能なレポートと多くの新しいテンプレート

皆様がレポートに追加で含めたいデータがある事を私達は承知しています。2021年ではレポートビルダーに多くの新しいテンプレートを追加するつもりです。

  • 競合とキーワード分析レポート 
  • 被リンク分析レポート
  • 被リンク監視レポート
  • Google Search Console レポート
  • ローカルマーケティングレポート

後者に関して言えば、私達はそのレポートをご利用頂けるようにプラットフォームに新しい機能を追加します 🙂

私達は、更に、管理者アカウントにサブアカウントが作成したレポートを閲覧できる権限を付与する予定です。こうする事で、同じレポートを二度作成する事はなくなります。

これらに加え、プロジェクト全体に関する一つのレポートの代わりに、キーワードグループに関する個別のレポートを作成できるようにします。これにより、対象とする地域別にレポートを作成できるようになります。

最後に、プロジェクトにGoogleアナリティクスが接続されている場合、検索順位レポートに各キーワードに関するトラフィックデータを追加する事ができるようになります。このデータにより検索上位がもたらす明確な価値をすぐに把握できます。その為、あなたの顧客や上長にとってこの機能は気に入って頂けるでしょう。

プラットフォームのUX改善にも引き続き着手予定…

2020年は、SE Rankingのお客様の為に、圧倒的にユーザーフレンドリーで直感的な環境を作成する目的に向かって私達の取り組みがスタートしました。 去年の7月には私達のプラットフォームのデザインを完全に刷新し、左側ナビゲーションと全ての主要ツールの更新をご紹介しました。2020年後半にかけて、プラットフォームへのUXに必要な新しい機能を追加しています。 

2021年の計画は良い仕事を続ける事です。私達はプラットフォームの更新情報に関する毎月の投稿で、全てのユーザビリティに関する更新情報についてお伝えするつもりです。現時点でお知らせしたい情報としては、カスタマイズ可能な新しいプロジェクトレポートの開発に着手する計画があります。皆様のニーズを完全に充たす方法で、主要な全てのプロジェクト指標を視覚化できるウィジェットセットを開発します。ダッシュボードに含めるウィジェットの種類を自身で選択できるようになります。 

… そしてモバイルアプリのユーザビリティ改善

既にご存知かもしれませんが、私達はデスクトッププラットフォームに加えて、ウェブサイトの順位チェックやサイトSEO検査の実施、実施済みのマーケティングプランを確認できるお手頃なモバイルアプリも提供しております。 2021年は、完全にシームレスなユーザー体験をお届けする為にアプリのUX改善に注力します。

更に、アプリに新しい機能を追加する予定もございます。サイトSEO検査に基づき、ツールの方で完了すべきタスクのリストを生成し、これらのタスクを把握できるように支援します。例えば、あなたのウェブサイトでリンク切れの内部リンクがある事をアプリが繰り返し通知するようになるでしょう 😜

素早いページ分析を行うためのChromeプラグイン

モバイルアプリの微調整に加え、私達はGoogle Chromeプラグインの作成についても計画しています。これにより、あなた自身のプロジェクトと競合のプロジェクト両方ともに主要なウェブサイト指標をチェックできるようになります。本プラグインはウェブサイトのトラフィックとDT指標、ウェブサイトの主要な競合、順位掲載されているキーワードも表示します。更に、 シングルクリックであなたのプロジェクトに全ての魅力的なキーワードを追加する事ができるようになります。 

————

もちろん以上が私達の計画の全てというわけではありません。私達は現在この記事に含めていないその他多くの小さな機能にも着手しています。小さな更新情報の全てについては毎月の更新情報の記事で記載しますので、引き続きご注目ください。

よろしければ最も待ち遠しい機能や改善項目をお知らせ頂ければ、ベータテストのグループにあなたを追加させて頂きます。 

12月に素晴らしいアイデアをいくつも思いついていたにも関わらず、あなたの願いにまとめて共有する事ができなかったようでしたら、是非一度その内容を私達にお伝えください。あなたのフィードバックは一年中喜んでお受けしており、もしご提案頂いた機能が本当に価値のあるものであれば、いつでも私達の計画に追加する方法を考えます。

最後に、まだSE Rankingを使用した事が無いようでしたら、無料版をお試しのうえ、私達のプラットフォームがあなたの日々の業務をどのように効率化できるかご確認ください。サインアップ後に、2週間無料のトライアルを取得して、試験的に各種ツールをお試し頂く事ができます。私達のサポートチームがあなたのご質問に喜んでお答えします。そして、もしSE Ranking 利用者のフレンドリーなコミュニティに参加頂けるようでしたら、以前のツールからのデータの移行も支援させて頂きます。

Post Views: 98
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

更に多くの記事
SEO インサイト
SE Ranking 更新情報: 2021年8月
9月 15, 2021 14 分 要

私達はSE Rankingのツールへの便利な機能追加の他、キーワード調査と競合調査に関するキーワードデータベースの拡張、そしてモバイルアプリのデザイン刷新など、その他多くの事を行っています。

Kristina Green
SEO インサイト
SE Ranking 更新情報: 2020年7月
8月 04, 2020 11 分 要

私達のプラットフォームが新しく、更にユーザーフレンドリな見た目になったのがつい昨日の事のように思えますが、あっという間に7月が過ぎてしまい、更なるアップデートに関してお知らせする時期となりました。

Kristina Green